FX のレバレッジは最大25倍

FXでは小さな自己資金で大きな投資金額を動かせるので、これをレバレッジと言います。
FXのレバレッジは最大25倍です。
つまり、10万円あれば250万円の取引ができます。

レバレッジは自分のお金(証拠金:投資資金)に対していくらの通貨を買うかで決まってきます。
レバレッジ=その通貨を買うのに必要なお金÷手持ち資金(証拠金) FXでは最大25倍のレバレッジで取引ができますが、必ず25倍にする必要はなく、自分でレバレッジを決められます。
レバレッジ1倍に対して25倍のレバレッジでは利益も25倍になる反面、損失も25倍になります。

レバレッジを使えば大きな取引ができ、ちょっとした為替の変動でも大きな利益を上げることができます。
FXはスキャルピングやデイトレに最も適しています。

FX テクニカル分析とは

テクニカル分析というのは、相場の動き方を様々な手法で分析し、相場の動向を予想したり売買のタイミングを計ったりするもので、
FX取引を行う上では、欠かせない知識と言えます。

テクニカル分析を知ることによりチャート(相場)の節目を知ることができ、「損切り・利益確定」の判断基準になります。
また、相場の方向性を知ることができます。世界中のトレーダーがテクニカル分析を投資の判断基準としています。
ダマシも非常に多いですが、相場の方向性を知る重要な判断材料です。

FXで稼ぐことのできている投資家は、テクニカル分析と経済指標などの重要な情報を組み合わせ、取引を行っています。これを知らずに取引をすることは、非常にリスクの高いことになります。

FX スプレッドとは

スプレッドとは、簡単に言うと「取引に掛かる手数料」です。
外貨を買った値段(買値)と売った値段(売値)の差額をスプレッドと呼びます。

例えば1ドルを売る時は100円10銭、買う時は100円11銭とするとこの差額の1銭をスプレッドといいます。つまりスプレッドは取引の手数料です。
これがFX会社から見ると「利益」となり、FXユーザー側から見ると「取引手数料」となります。
スプレッドが狭い(手数料が安い)ほど低コストで取引でき、
有利な条件でFXをすることができます。
スプレッドの差が利益の差になります。

FX取引においてスプレッドが一番重要だと言えますが、FX会社毎にかなりのばらつきがあります。
スプレッドが狭いFX会社を使うことが重要です。

FX デイトレのメリットは

デイトレのメリットはリスクが回避できると言うことです。相場が大きく荒れて危険を感じたらポジションを決済してしまえばいいのです。
金利狙いの長期保有のFXの場合や含み損があまりにも大きい場合、決済をためらってしまうものです。

損失が限定されるデイトレでは危険を感じたらすぐに決済をして相場が落ち着くのを待つことができるのが大きなメリットです。

「寝てる間に相場が急変してロスカットされてた」と言うことが無いのもデイトレの大きなメリットの一つです。 また、デイトレなら相場の大きな変動はリスクにはなりません。むしろチャンスになります。細かく何回も売買をして利益を稼ぐデイトレは相場の変動こそがチャンスです。

FX デイトレ(デイトレード)とは

デイトレ(デイトレード)とは、数分から~数時間の短い時間で利益(pips)をこまめに稼ぐ手法です。
一日の中で何回も売買をし、その日の内に決済をして、次の日にポジションを持ち越さない手法です。
サラリーマンなど取引時間が限られている方に
人気がある取引手法です!

取引手数料(スプレッド)が安い米ドル/円やユーロ/円、値動きが大きいポンド/円の通貨ペアがデイトレード向きだと言われています。
ユーロ/ドルも値動きがある程度あり、デイトレードをしやすい通貨ペアです。

デイトレード/スキャルピングなどの短期売買は、為替相場にある程度の動きが必要ですので、値動きが大きい時間帯の相場が狙い目となります。
複数のFX会社で口座を開き、資金を移動して今月一番低コストのFX会社で
取引をすることをおすすめします!

FX 手続き

あらかじめ約束した損失の額の水準(以下「ロスカット水準」)に達した時点から決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。

“DMM.com証券は、初心者から上級者のお客様まで、多くのお客様にご愛顧いただき、このたび39万口座を突破いたしました。
これからも皆様にご満足いただけるサービスをご提供してまいります。”

米ドル/円標準スプレッド0.4銭(提示率97.1%)※例外あり ユーロ/米ドル標準スプレッド0.8ポイント(提示率96.9%)※例外あり FX豪ドル/円標準スプレッド1.2銭(提示率97.0%)※例外あり

同一通貨ペアで複数の『ダブルリピートイフダン』を入れたり、すでにポジションを持っている通貨ペアで『ダブルリピートイフダン』を注文すると両建て取引となることがありますのでご注意を。